木曜日, 6月 13, 2024

全国初のカスハラ都条例 法上回る「禁止」明文化

■罰則なしで努力義務規定へ カスタマーハラスメントをめぐる議論が活発化している。東京都は今年度内にも、「何人もカスハラを行ってはなら...

長時間労働160時間とは 手待時間が多い職場で

精神障害の労災認定で、長時間労働の基準が月160時間とあります。時間外労働に対する規制は月80時間あるいは、100時間と多岐にわたり、理解しにくいで...

育児休業中の健康診断 終了後の実施時期は?

育児休業中の正社員については健康診断を実施する必要はないとのことですが、終了後には実施する必要がありますか。実施後に、他の社員が一斉に健康診断を実施...

児童手当が支給されても 扶養控除が削減されては

子育て世帯に児童手当を拡充するのは良いのですが、その一方で、扶養控除が削減されるとのことです。労働者の収入はトータルで増えるのでしょうか。(埼玉・部...

オンコール待機時間と労働時間 医療法人社団 誠聲会事件(令和5・2・22千葉地裁判決)

■自由時間に影響及ぼさない 精神的な緊張はあるものの 研修医のオンコール待機時間についての労働時間性が否定された事件。原告は業務の終了後に問い...

業務停止で自宅待機の賃金請求 弁護士法人アディーレ法律事務所事件(令和3・9・16東京地裁判決)

■休業につき過失があるので 民法536条2項の債権を失わない 消費者金融の過払い金回収で有名な法律事務所が、不適切な宣伝で業務停止の行政処分に...

育休取得者の賞与原資を同僚へ配分 大和リースの「サンキューペイ」制度

育児休業で職場を離れた社員の仕事を代わりに支えた同僚へ、取得者本人の賞与原資を配分する「サンキューペイ制度」を、大和ハウスグループの大和リース(大阪...

メンタル不調に向き合う 日本コムシンクの復職支援

メンタル不調の社員が、焦らず回復して再び働き続けるために、職場や会社には何が求められるのか。ITコンサルティングやシステム開発を手掛ける日本コムシン...

ESGのG(ガバナンス)としての内部通報制度(大渕愛子弁護士)

■組織を発展させる内部通報窓口のつくり方① 近年、ビッグモーターの保険金不正請求事件、ダイハツの認証不正事件など、内部通報窓口が機能せずに長期...

「生き方」としての人事労務(吉田洋介 人事図書館館長)

■人事図書館発・人事労務キャリアの先を読む① 今月から人事図書館にて本連載を担当することになりました。人事図書館はその名の通り人事領域...

組合に加入しない若手をどうする?(山本圭子)

■連載:人事考現学(著者:山本圭子 法政大学法学部講師) 野球ファン歴は長いが、大谷翔平選手が日本で活躍しているときに観ておかなかったことは後...

ILOがプラットフォーム労働条約(勧告)に向けて動き出す?(濱口桂一郎)

■連載:人事担当者がわかる最近の労働行政 本誌3月25日号で紹介したように、今年3月11日にEUの閣僚理事会はプラットフォーム労働指令案に特定...

立ち止まれる1冊を 山本直子さん(「ゆいぽおと」代表) ㊤

■おんな流 おとこ流~仕事を訪ねて~(61) 名古屋市東区のひとり出版社「ゆいぽおと」の山本直子さん(67)は19年間で、113冊の本を世に送り出してきた。(井澤宏明) ジャンル...

「監視社会」を超えて 船田伸子さん(「大垣警察市民監視事件」原告)㊦

■おんな流 おとこ流~仕事を訪ねて~(60) 警察が風力発電所の建設を計画している中部電力の子会社「シーテック」と開いた「勉強会」と称する打ち合わせで、思いがけず名指しされていた岐阜県...

【社労士試験に挑戦】休憩時間の変形問題に対応しよう

休憩時間の問題から。6時間を超えたときには少なくとも、途中に45分、8時間を超えたときは途中に1時間の休憩を与えるという原則の変形問題である。 ...

【社労士試験に挑戦】休業手当の趣旨は生活保障

休業手当の過去問は難問である。判例、民法536条2項との関係が問われる。 労働基準法第26条の定める休業手当の趣旨は、使用者の故意又は過失によ...

【新刊紹介】『イスラエル戦争の嘘』手嶋龍一・佐藤優 著

2023年10月、パレスチナ自治区・ガザ地区を支配するイスラム組織ハマスは、イスラエルへの大規模な奇襲攻撃を開始。イスラエル軍の徹底した報復...

【新刊紹介】『疑う力』真山仁 著

座右の銘は「正しいを疑う」だと著者は語る。昨年4月から開催された、人気作家・真山仁氏による某私立大での講座を基に再構築し書籍化。 フェ...

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

週間人気記事トップ5