金曜日, 12月 2, 2022
spot_img
ホーム社労士社労士試験に挑戦

社労士試験に挑戦

【社労士試験に挑戦】労働協約の効力について

労働協約の効力については判例から出題されるなど難解な問題も少なくない。 「労働組合と使用者又...

【社労士試験に挑戦】義務的団体交渉事項とは何か

労働組合の問題から。  「労働組合の目的は、賃金等の労働条件を維持改善し労働者の経済的地位の...

【社労士試験に挑戦】義務あるが強制ゆるされない

労働組合の義務と強制について考えさせる問題である。  「労働組合は、組合員に対する統制権の保...

【社労士試験に挑戦】退職時証明の問題から

「労働基準法第22条第2項においては、使用者は、労働者が、同法第20条第1項の解雇の予告がされた日...

【社労士試験に挑戦】解雇予告手当の支払い時期

解雇予告手当の問題。   「労基法20条は、雇用契約の解約予告期間を2週間と定める民法627...

【社労士試験に挑戦】労働協約の拡張適用とは

今回は、労働協約についての問題から。  「一の地域において従業する同種の労働者の大部分が一の...

【社労士試験に挑戦】労働契約の内容となるものは

労働契約についての問題。   「就業規則に定められている事項であっても、例えば、就業規則の制...

【社労士試験に挑戦】労働組合の自主性とは

 労働組合の主体性を問う問題から。 「労働組合法に定める労働組合とは、労働者が主体となって自...

【社労士試験に挑戦】労基法9条の労働者とは

労基法の労働者性が問われる問題。   「いわゆる芸能タレントは、『当人の提供する歌唱、演技等...

【社労士試験に挑戦】変更できない年休の権利

年休についての問題。記憶しておけば必ず、得点できる。   「労働基準法第39条に従って、労働...

【社労士試験に挑戦】令和3年度労働経済白書から

令和3年度労働経済白書を読んでおこう。 「就業者数、雇用者数、休業者数、完全失業者数、非労働...

【社労士試験に挑戦】休憩の例外、原則を記憶

休憩時間についての問題。記憶しておけば必ず、得点できる。   「建設の事業の事業場においては...

週間人気記事トップ5