月曜日, 7月 15, 2024
ホーム出版組織風土が変わる25のステ...

組織風土が変わる25のステップ――若手社員プロジェクトによる役割行動主義人事制度成功のポイント

制度を使って人や組織を動かそうとする前に、まず「わたしが変わる」場をつくる

従業員と経営者の間の信頼を育て、組織風土を輝かせるためには――。
若手を中心に組織風土改革プロジェクトのメンバーを公募し、人事制度の中核である行動基準をつくる議論と対話の「プロセス」が、風土改革のカギを握る。
組織課題の抽出・分析から行動基準の作成、人事制度への紐づけに至る段階を25のステップに分けて詳細に解説。組織における信頼の醸成は、個が自律的に動いていくリーダーシップのあり方につながっていく。


▽書名:組織風土が変わる25のステップ 若手社員プロジェクトによる役割行動主義人事制度成功のポイント
▽著者名:堀之内 克彦(ほりのうち・かつひこ)
▽発行元:株式会社労働実務
▽販売協力:株式会社ボイジャー
▽判型:A5判並製・168頁
▽発行年月日:2024年5月20日
▽価格:【紙版】1500円+税、【電子版】1200円+税


◉著者プロフィール 堀之内 克彦(ほりのうち・かつひこ)
東京都出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。本田技研工業㈱、ソニー㈱に勤務。賃金・労務・国際人事、営業、経営企画、生産管理などの業務を歴任。中小企業診断士、社会保険労務士。平成3年に独立、現在、堀之内経営労務研究所所長、㈱エムケーパーソナルセンター代表取締役社長。
組織・人事・賃金コンサルタント(Mr. 人事部長)
組織風土改革ナビゲーター(ACTENCY プロジェクト)
【実績】指導実績約百社、執筆・講演等多数
【著書】『2時間でざっくりつかむ!中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本』(すばる舎)、『100 人までの企業のための組織風土をまるごと変える技術』(中央経済社)、『部下の力を引き出す10 人までの人使い』(あさ出版)、『僕がホンダ、ソニーで学んだこと』(かんき出版)他


◉もくじ

序章 なぜいま組織風土改革なのか?
 生き残るために意識と行動を変える
 なぜ若手社員によるプロジェクトで改革を進めるのか
 若手社員を元気にするためには!
 役割行動主義人事(アクテンシー)による新人事制度改革の視点
 組織風土を輝かせるのは経営者と社員との間の「信頼」
 「期待する社員像」が経営者と社員との壁を超える
 中小企業こそ組織風土改革の主役
 風土改革の4つのポイントとプロジェクトへの4つの疑問
 Q1 なぜ経営者のリーダーシップで進めないのか?
 Q2 風土改革は社内の人材だけで可能か?
 Q3 誰がプロジェクトメンバーになるのか?
 Q4 プロジェクトの主導権はどこにあるのか?
 役割行動主義人事制度とは何か?

第1章 組織課題を見える化する
 step1 組織風土改革のゴールを決める
 step2 組織・人材診断
 step3 診断結果から課題を診る
 step4 課題の真因を見える化する
 caseA 個性の違いが社内対立に! 違いを認める事で風土が輝く
 caseB 人材の多様性へ 採用面にも目配りを

第2章 プロジェクトを立ち上げる
 step5 人が成長するプロセスを掴む
 step6 個と組織を繋ぐメンバーを募る
 step7 社内説明会で本気を伝える
 step8 役割分担と当事者意識醸成
 step9 ミッションを社内にPRする
 step10 心理的安全性をつくる
 step11 会社の「悪口」から始まる気づき
 step12 課題の因果関係を見つける
 step13 上司と部下が一緒に変わる
 method 心と現実は一致している MSB 分析のアプローチ

第3章 行動基準をつくる
 step14 課題を行動に落とし込む
 step15 「コア」基準のキーワード作成
 step16 「専門」基準のキーワード作成
 step17 「具体的行動」を定める
 step18 「マネジメント」を記述する
 step19 基準を統一し調整する
 method 組織の課題を行動基準につなげるロジックとは
 caseC シティーホテルF社のアクテンシーが出来るまで

第4章 行動基準を人事制度につなげる
 step20 行動基準に従い等級を定義する
 step21 賃金制度につなげる
 step22 目標管理制度につなげる
 step23 全社へ周知し運用スタート
 step24 定期チェックと持続的運用へ
 step25 全社一丸経営へ8つのポイント
 caseD 部下への公正な対応を管理職自身の評価に組み込む
 caseE 地道な周知で社内浸透 導入後の初回評価がカギ


◉ページ構成(紙版)のご紹介

①ステップごとの要点が前文で簡潔にわかる
②見開き構成で豊富な図版を見やすく掲載

③個別の図版を吹き出しで解説
④ステップの最後にはまとめのポイント


紙版(税込1650円)発売中!!

Amazon プリントオンデマンド


電子版(税込み1320円)発売中!!

【販売取扱い電子書店一覧】
(バナー下のリンク文字をクリックすると個別ページへ移動します)

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事