金曜日, 2月 3, 2023
spot_img
ホーム社労士社労士試験に挑戦

社労士試験に挑戦

【社労士試験に挑戦】令和3年度労働経済白書から

令和3年度労働経済白書を読んでおこう。 「就業者数、雇用者数、休業者数、完全失業者数、非労働...

【社労士試験に挑戦】休憩の例外、原則を記憶

休憩時間についての問題。記憶しておけば必ず、得点できる。   「建設の事業の事業場においては...

【社労士試験に挑戦】有期契約労働者の無期転換権

平成26年の一般常識の問題である。 「わが国の有期契約労働者に関して(厚生労働省の平成23年...

【社労士試験に挑戦】内定取消しの判例の勉強を

今回は、採用内定の問題から。 「いわゆる採用内定の制度は、多くの企業でその実態が類似している...

【社労士試験に挑戦】管理監督者の問題から

今回は、管理監督者の問題から。労働時間の規制がどの程度、管理監督者に課せられるのか。ひっかけ問題と...

【社労士試験に挑戦】白書からの労働者意識を問う

「令和元年版労働経済白書(厚生労働省)」からの一般常識問題である。正誤を答えよ。 「正社員に...

【社労士試験に挑戦】産前休業を請求せず就労可能なら

労働基準法に定める労働契約等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 A 労働契約の期間...

【社労士試験に挑戦】労基法の使用者の定義とは

労基法の使用者の定義については、そう難しくはない。ポイントは、経営主体というより事業主のために行為...

【社労士試験に挑戦】無期転換を定めた労働契約法

無期転換に関係した問題を二問。 問 次の①から④の語句を答えよ。 同一の使用者との間で...

【社労士試験に挑戦】複数事業所の労災で法改正

今回は問題を予想してみた。複数事業所で働いている労働者の労災保険法の改正が令和2年9月1日にあった...

【社労士試験に挑戦】ストレス内容の上位は

「事業主は、職場において行われる( )であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものによりその雇用...

【社労士試験に挑戦】統計の内容と名称を記憶しよう

次の文中の( )の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。 「我が国の労働...

週間人気記事トップ5