月曜日, 7月 15, 2024
ホーム社労士社労士試験に挑戦【社労士試験に挑戦】休憩時...

【社労士試験に挑戦】休憩時間の変形問題に対応しよう

休憩時間の問題から。6時間を超えたときには少なくとも、途中に45分、8時間を超えたときは途中に1時間の休憩を与えるという原則の変形問題である。

使用者は、所定労働時間が5時間である労働者に1時間の所定時間外労働を行わせたときは、少なくとも45分の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

誤り。6時間を越えていないので与える必要はない。


この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

5 × 2 =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事