火曜日, 5月 28, 2024
ホームニュース一覧ニュース山岳トンネル工事の肌落ち災...

山岳トンネル工事の肌落ち災害防止へガイドライン改定

厚生労働省はこのほど、山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドラインを改正した。

切羽部分で岩石が落下する「肌落ち災害」の防止に向けて、新たに発注者に設計段階での適切な支保パターンの選定と鏡吹付けの原則実施の設計図書への記載、施工段階での協議を要求。また切羽からの45度の範囲を、新たに特段の配慮が必要な範囲と位置づけて可能な限り立入を避けるよう求めた。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事