日曜日, 4月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース賃金構造基本統計調査で外国...

賃金構造基本統計調査で外国人労働者の在留資格別・性別クロス集計へ

厚生労働省はこのほど、賃金構造基本統計調査の改善に関するワーキンググループがまとめた報告書を公表した。

増加の一途を辿る外国人労働者の就労状況に関し、事業主負担を考慮して「国籍」の把握までは求めないと明記。一方、在留資格別とのクロス集計については都道府県別ではなく、新たに性別で行う必要性を示唆している。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事