水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース雇用調整助成金の訓練時間要...

雇用調整助成金の訓練時間要件「2時間以上」へ短縮

■事業所内外の対象事例明確化

休業より教育訓練を選択しやすくする雇用調整助成金の見直しに向け、厚生労働省は対象となる訓練メニューを明確化する方針だ。

このほど開かれた労働政策審議会職業安定分科会に、方向性を示した。基本的な考え方「職業に関する知識や技能、技術を習得・向上させる目的の教育、訓練、講習」を維持するが、訓練時間要件を「2時間以上」に短縮。その上で対象訓練を、事例も交えてリーフレットなどで周知する。



この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

thirteen + twenty =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事