水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース派遣法違反で滋賀労働局が刑...

派遣法違反で滋賀労働局が刑事告発

滋賀労働局はこのほど、労働者派遣法違反の疑いで央昌(滋賀県草津市)と同社代表取締役を、草津警察署に刑事告発したと明らかにした

同社は2020年9月21日から22年10月20日までの間に、派遣法5条1項に規定する厚生労働大臣の許可を受けることなく派遣事業を実施。自己の雇用する労働者29人を合計9744人日、他社の指揮命令の下で労働に従事させていた。

告発日は、昨年8月24日付けで、捜査への影響を考慮して公表を差し控えていた。


「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事