水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース倒産31年ぶり高水準の伸び...

倒産31年ぶり高水準の伸びで8690件

東京商工リサーチはこのほど、2023年に負債総額1000万円以上の企業倒産が全国で8690件発生したと発表した。前年比35.1%増と2年連続で増加し、31年ぶりの高水準の伸びをみせた。

負債総額は、同3.0%増の2兆4026億円と微増にとどまった。ただ31年ぶりに10産業全てで、15年ぶりに9地区全てで倒産件数が増加しており、順に「サービス他」が2940件、「関東」が3233件で最多となっている。


「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事