水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース自殺数増加に著名男性タレン...

自殺数増加に著名男性タレント影響を白書が指摘

岸田内閣がこのほど閣議決定した2023年版の自殺対策白書で、22年の自殺者数は2万1881人を数えた。


男性が13年ぶり、女性が3年連続でともに増加し、20・40・50歳代で顕著に増加したほか、小中高生の自殺者数が514人と最多を更新。5月の著名男性タレントの自殺報道後、3週間にわたり自殺者数が増加したと指摘している。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事