水曜日, 2月 21, 2024
ホーム社労士社労士試験に挑戦【社労士試験に挑戦】精神障...

【社労士試験に挑戦】精神障害の認定基準で時間外労働は

「『心理的負荷による精神障害の認定基準について』(平成23年12月26日付け基発1226第1号)においては、疾病の発病直前の3週間におおむね120時間以上の時間外労働を行っていたときには、心理的負荷の総合評価を『強』と判断するとしている」

正しい。「発病直前の3週間におおむね120時間を超えるような、時間外労働を行った場合等には、心理的負荷の総合評価を『強』とする」とされている。


「認定基準においては、うつ病エピソードの発病直前の2カ月間連続して1月当たりおおむね80時間の時間外労働を行い、その業務内容が通常その程度の労働時間を要するものであった場合、心理的負荷の総合評価は『強』と判断される。」

誤り。80時間の時間外労働を行った場合は、それだけでは「強」にはならなず、総合的に評価される。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

five × five =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事