日曜日, 4月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース物流2024年問題の影響 ...

物流2024年問題の影響 約7割が「マイナス」

帝国データバンクが1万1407社から回答を得た調査で、物流の2024年問題で68.6%が「マイナスの影響がある」と示唆した。具体的な影響を問うと、「物流コストの増加」が66.4%で最も多くなっている。


対応の実施について、62.7%が予定を含めて「あり」と回答。具体策は43.3%の「運送費の値上げ」、36.3%の「スケジュールの見直し」、24.9%の「運送事業者の確保」、24.2%の「発着荷主と運送事業者の連携強化」の順で多い。


「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事