水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース総合経済対策受け13兆円補...

総合経済対策受け13兆円補正予算編成へ

岸田内閣はこのほど、デフレ完全脱却の総合経済対策を閣議決定した。一般会計の追加額が約13.1兆円の補正予算を編成し、臨時国会で成立を目指す。

厚生労働省予算の一般会計の追加額は約1.4兆円で、年収の壁対策コールセンターの設置に新たに5.4億円を計上。ただ全体的には、「デジタル人材育成の実践の場モデル事業」「非正規向けの在職者訓練試行事業」「両立支援等助成金の育休中等業務代替支援コースの新設」など、来年度予算事業の前倒しも目立った。



一方、経済産業省は「中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」に3000億円、「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」に97億円などの予算をつける。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事