水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース外国人介護の訪問サービス容...

外国人介護の訪問サービス容認検討

厚生労働省はこのほど、外国人介護人材の業務の在り方に関する検討会の初会合を開催した。技能実習と特定技能の制度改正を念頭に、年内に「介護」の固有要件の見直し方針をまとめる。

まず技能実習、特定技能ともに容認していない訪問系サービスなどへの外国人介護人材の従事の可否を判断する。また技能実習「介護」については実習実施機関の「開設後3年要件」のほか、「就労開始後6カ月経過した者で、日本語能力試験N2・N1合格者」を職員として算定可能とする介護施設の人員配置基準の見直しも検討する。



「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事