水曜日, 2月 21, 2024
ホーム社労士社労士試験に挑戦【社労士試験に挑戦】「家事...

【社労士試験に挑戦】「家事使用人」の出題頻度は高い

「法人に雇われ、その役職員の家庭において、その家族の指揮命令の下で家事一般に従事している者については、法人に使用される労働者であり労働基準法が適用される」

誤り。労働基準法が適用されない。行政通達からの出題で、出題頻度は高い。該当しない場合、該当する場合の違いを学んでおけば、必ず得点できる頻出問題である。

一方で、個人家庭における家事を事業として請け負う者(家事代行サービス会社など)に雇われ、その指揮命令の下に当該家事を行う者は、家事使用人に該当せず、労働基準法が適用される。

なお、労働契約法において「家事使用人の労働契約」は、適用除外ではない、つまり適用される。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

four × 5 =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事