木曜日, 6月 13, 2024
ホームニュース一覧ニュース最高裁「職種限定の配転は違...

最高裁「職種限定の配転は違法」 同意なければ合意に反する命令権限有さず

福祉用具の技術者が、職種と業務内容の変更を伴う配置転換命令は違法だとして損害賠償などを請求した裁判の上告審でこのほど、最高裁判所は適法とした原審判決を破棄する判決を言い渡した。

滋賀県社会福祉協議会が配転命令の権限を有していたことを前提に、「濫用に当たらない」とした原審の判断を違法と指摘。不法行為を構成すると認めるに足りる事情や雇用契約上の債務に関し、大阪高裁に審理を差し戻した。


この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

6 + 11 =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事