日曜日, 4月 21, 2024
ホームニュース一覧ピックアップフリーランス 労災特別加入...

フリーランス 労災特別加入の対象へ 来秋から全ての希望者適用

労働政策審議会労災保険部会はこのほど、労災保険の特別加入制度の見直しに向けて審議を開始した。特定受託事業者、いわゆるフリーランスが希望すれば、「特定受託業務」として加入できるよう対象を拡大。保険料率は「1千分の3」で調整するが、特別加入団体の選定や災害防止措置の内容は今後の議論で詰める。フリーランス取引適正化法の施行に合わせ、来秋から対象を拡大する考えだ。

■料率「1千分の3」で調整

特別加入は、一定の要件を満たす労働基準法上の労働者以外の者が、労災保険に任意加入できる制度。フリーランスについては2021年4月以降、「芸能従事者」「アニメーション制作従事者」「柔道整復師」「自転車配達員」「ITフリーランス」「あん摩マッサージ師・鍼灸師」「歯科技工士」を相次いで対象にしてきたが、今回の見直しでは希望する全てのフリーランスへの対象拡大の検討に着手する。



発端となったのは、4月28日に成立したフリーランス新法。委託事業者との取引とともに、就業環境についても適正化を図ることが盛り込まれており、労災保険の特別加入制度については附帯決議で、「希望する全てのフリーランスが加入できるよう対象範囲とすること」を求めていた。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

thirteen − three =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事