水曜日, 2月 21, 2024

本になりました!(深沢孝之)

新・働く人の心と体の心理学 第56回 著者:深沢孝之

この度、本連載が書籍化されました。2011年1月に最初の連載「働く人の心と体の心理学」がスタートして、その間中断が2年あって、2017年4月に「新」を頭につけて装いを新たにすることもなく再開しました。トータルで10年にもなります。メンタルヘルスとか心理学といかいわれる領域について、その時々の時事問題も絡めながら、私なりの視点から書き続けてきました。積み重ねると、それなりの分量になるものです。

本のタイトルは、『実践 心と体のアドラー心理学』、電子書籍での出版になります。やわらかい印象のイラストの表紙がステキです。中身は、17年4月から22年7月までの記事を本紙編集部が整理、抽出、再編集してくれたものです。

Amazonなどの書評や読者から寄せられた感想では、「わかりやすい」と概ね好評のようです。本書は、ワークエンゲイジメントやうつ病からの回復、発達障害の理解の仕方、自殺対策、タイムマネジメントなど職場のメンタルヘルスに関するものから、コロナ禍におけるメンタルヘルスの諸問題、青年期から成人期、老年期に至る心の発達のプロセスについて説明しています。アドラー心理学だけでなく、発達心理学などいろいろな心理学を参照しています。

電子書籍が一般に普及したのは2000年代以降のようですが、当時私は「やはり紙の本の方がよい」と思い、あまり利用してきませんでした。しかし最近は、地元の書店にはなく、紙でも手に入りにくい本を求める時などに使うようになりました。何より、老眼が進んだ目には、字が拡大できてよいです。本書も時代に合わせての出版といえます。

本紙読者の方にはいつか読んだ記憶がある内容かもしれませんが、改めて読み直していただき、お役に立てていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

■コロナパンデミックが終わって

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

nine − 1 =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事