火曜日, 5月 28, 2024
ホームニュース一覧ニュース死傷病報告の電子申請義務化...

死傷病報告の電子申請義務化 休業4日未満の報告事項を追加

厚生労働省は2025年1月から、労働者死傷病報告の提出について電子申請で行うことを原則として義務づける。

このほど開いた労働政策審議会安全衛生分科会が、労働安全衛生規則などの改正を了承。スマートフォンなどから電子申請できるようにシステムの改修を急ぐ一方、電子申請が困難な場合を想定し、施行日以降も紙媒体での提出を可能とする経過措置も設ける。

デジタル技術の活用により、事業者の負担軽減と統計処理の効率化を図る狙い。このほか、「総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医選任報告」「定期健康診断結果報告書」「心理的負荷の程度を把握するための検査結果等報告書」なども同様に、電子申請での提出を原則として義務化する。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

eight − two =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事