日曜日, 4月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース公共工事設計労務単価は5....

公共工事設計労務単価は5.9%増の2万3600円

国土交通省はこのほど、2024年3月から適用する公共工事設計労務単価を決定した。

直近の労働市場の実勢価格と、4月に適用が始まる時間外労働の上限規制に対応するための必要な費用を反映して、47都道府県・51職種別に単価を設定した。全国全職種の単純平均で前年度比5.9%増の2万3600円と12年連続で上昇。なお労務単価には、事業主が負担すべき人件費は含まれておらず、下請代金に計上しない取扱いは不当行為に該当する。



「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事