水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース年金2.7%増改定 30年...

年金2.7%増改定 30年ぶりの引上げ水準

■マクロ経済スライド発動で0.4%抑制

厚生労働省はこのほど、2024年度の年金額について、前年度比2.7%増と2年連続でプラス改定すると発表した。3.3%のプラス改定を行った1992年以降約30年で、最も高い引上げ幅を記録している。


物価変動率がプラス3.2%となり、名目手取賃金変動率のプラス3.1%を上回ったため、新規・既裁定者ともに名目手取賃金変動率を用いて改定する。加えて、物価と賃金が揃ってプラスとなったことで、5度目のマクロ経済スライドが発動。名目手取賃金変動率のプラス3.1%から、スライド調整率のマイナス0.4%を減じ、24年度の年金改定率はプラス2.7%となった。


この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

15 − 1 =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事