水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース大手冬賞与0.78%増の8...

大手冬賞与0.78%増の84万9545円

大手331社の2023年冬賞与額の平均が前年比0.78%増の84万9545円と微増したことがこのほど、厚生労働省の調べでわかった。増加は2年連続だが、上昇率が22年冬の同7.77%増を下回る。


21産業のうち10産業で低下し、前年の6産業より増加。低下率は2桁減を唯一記録した「サービス」が同11.63㌽減で最も大きく、以下、「機械」が同7.05㌽減、「窒業」が同5.98㌽減、「鉄鋼」が同4.43㌽減の順で続いた。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事