水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュースニュース スコープオフィス「集まる価値」模索...

オフィス「集まる価値」模索 アイデア創出・イノベーションを

新型コロナの5類感染症移行後、鮮明になったオフィス回帰。とはいえ、浸透したオンライン化が廃れるはずはなく、働く環境の最適化に向けた企業の模索が続く。

転職サービスのdodaが正社員1万5千人から回答を得た調査によると、8月時点に勤め先でリモートワークが「認められていない」のは37.7%で、うち7.2%は制度で以前は認められていたが「直近3カ月は認められていない」と回答。またリモートワークをしている者に継続するか問うと、9.4%が「廃止」、11.2%が「縮小」と予想するなど、出社に切り替えている企業が少なくないことがわかった。



オフィス回帰が鮮明になるなかで、働く環境を最適化しようと企業が知恵を絞る。

フリーランスマッチング業のHajimari(東京都渋谷区)はオフィスの増床に合わせ、webミーティング用の個別ブースを14基追加。フルリモートワークを認めているが、雑談から生まれるイノベーションや一体感を重要視し、今回の増床で「つい出社したくなるオフィス」をコンセプトに据えた。


この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

two × five =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事