水曜日, 11月 29, 2023
ホームニュース一覧ニュース連合が24春闘で5%以上賃...

連合が24春闘で5%以上賃上げ目標

連合はこのほど、2024年の春季生活闘争の基本構想を決定した。賃金要求指標パッケージとして、底上げのための上げ幅の水準として「ベースアップ相当分として3%以上、定期昇給分を含め5%以上の賃上げを目安とする」と明記。約30年ぶりの高水準の賃上げを達成したことを受けて、今春の「5%程度」を上回る目標を掲げた。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事