水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュースプラスチック「押出成形社内...

プラスチック「押出成形社内検定」を厚労大臣認定

厚生労働省はこのほど、富山県プラスチック工業会が実施する「押出成形社内検定」を厚労大臣が認定したと発表した。同日時点の認定は、113職種の社内検定にまで拡大している。

押出成形は、熱で柔らかくした材料を金型で押し出してプラスチックを加工するもの。代表的な成形品としてホースや樹脂窓枠などがあり、実技試験で作業方法、完成品の精度などを検定。合格者に対し、各企業で昇進昇格や一時金支給を考慮するよう奨励する。



 認定社内検定一覧

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事