水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ピックアップ技能実習 新制度「育成」に...

技能実習 新制度「育成」に重点 1年超で同一分野内の転籍可

法務省はこのほど技能実習制度及び特定技能制度の在り方に関する有識者会議を開き、年内にまとめる最終報告書のたたき台を提示した。現行の技能実習制度を発展的に解消し、原則3年間で特定技能1号水準の人材を育成する新制度を創設。技能と日本語能力の要件を満たし、就労が1年を超えた場合の同一分野内での転籍を認めるほか、受入対象分野を特定技能制度の特定産業分野に限定し、新制度からの移行の適正化・円滑化を図る方針だ。

■特定技能への移行円滑化

最終報告書のたたき台では、技能実習制度と特定技能制度の今後の方向性を整理。技能実習を新制度に刷新する一方、特定技能制度は適正化した上で存続させる方針で、早ければ11月中に最終報告書をまとめ、来年の通常国会に関連法案を提出する考えだ。

技能実習の発展的な解消で創設する新制度は、人材確保と人材育成が目的であることを明確化。原則として3年間で、特定技能1号水準の人材に育成することを目指す。

転籍については外国人の労働者としての権利性を高める観点から、新制度で本人の意向によるものも認める。技能検定基礎級と日本語能力A1相当以上の試験の合格、同一の受入企業での就労が1年超であることを要件として設定。ただし転籍の範囲は同一分野内に限定し、転籍前企業の支払った初期費用の一部を、転籍後の受入企業が負担する方向で調整する。


この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

18 + 9 =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事