水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース使用者による障害者虐待65...

使用者による障害者虐待656人 「経済的」87.3%で最多

厚生労働省がこのほど発表した2022年度使用者による障害者虐待状況で、労働局が虐待を認めた障害者は前年度比154人増の656人と2年連続で増加した。


虐待種別では、「経済的虐待」が同180人増の600人に急増し、延べ人数687人のうちの87.3%と大半を占めて引き続き最も多くなった。経済的虐待を障害種別にみると、「知的」が同44人増の218人、「精神」が同55人増の208人、「身体」が同69人増の146人、「発達」が同9人増の30人となるなど、全体的に障害者の就業環境が悪化していることを示した。



虐待を認めた事業所も同38カ所増の430カ所に増え、業種別では109カ所の「製造業」、91カ所の「医療、福祉」が多くなっている。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事