火曜日, 5月 28, 2024
ホームニュース一覧ニュース教職調整額の引上げで処遇改...

教職調整額の引上げで処遇改善へ

文部科学省はこのほど、質の高い教師の確保のための環境整備に向けた議論を開始した。中央教育審議会に設置する特別部会で具体策を逐次まとめ、迅速かつ着実に施策の実現に繋げる。

全国的な教師不足のなかで、抜本的な教職の魅力の向上が喫緊の課題と文科省は指摘。教師の勤務制度も含めたさらなる働き方改革のほか、教師の処遇改善、学校の指導運営体制の充実に向けた施策の検討を求めた。

処遇改善では、一律給料月額の4%を支給する「教職調整額」、実習や修学旅行、職員会議、非常災害に時間外勤務を限定する「超勤4項目」の見直しを検討。教職調整額の10%以上への引上げ、超勤項目の拡充、職務に着目した手当の新設などが焦点となる。


「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事