日曜日, 4月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース技能グランプリ4選手に総理...

技能グランプリ4選手に総理大臣賞

厚生労働省や中央職業能力開発協会などはこのほど、福岡県北九州市の5会場で開催した第32回技能グランプリの大会結果を発表した。

今大会は、30職種の競技に379選手が参加。職種優勝者で特に優秀な成績を収めた長谷川彩華(和裁職種・愛知県)、加藤恵吾(建築大工職種・愛知県)、眞田智成(印章木口彫刻職種・東京都)、金澤忍(フラワー装飾職種・長野県)の4選手に内閣総理大臣賞、東京都に最優秀技能選手団として厚労大臣賞を授与した。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事