水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュース国民健康保険料上限額2万円...

国民健康保険料上限額2万円引上げ

厚生労働省はこのほど、社会保障審議会医療保険部会に国民健康保険料の賦課限度額の見直しを提案した。

後期高齢者支援金の賦課限度額を、来年度から2万円引き上げる。基礎賦課額と合わせた医療分は89万円となり、据え置きの介護分を含む保険料全体の上限は104万円から106万円に増える。


「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事