水曜日, 2月 21, 2024
ホーム新刊紹介【新刊紹介】『なぜヒトだけ...

【新刊紹介】『なぜヒトだけが老いるのか』小林武彦 著

『なぜヒトだけが老いるのか』小林武彦 著/講談社/新書判224頁/2023年6月/990円(税込み)

まずはヒトと人の違いから。前者は生物種のホモ・サピエンスとして、後者は社会の中で生きる『人』として大別する。

生まれたからには必ず死は訪れる。老いることは即ち死に直面し、膨大な時間軸の中で、進化が現在の生物を作ったという事実に気付かされる。

ヒトとチンパンジーの遺伝子は98.5%が同じであり、著者は自然界におけるヒトの寿命はおよそ55年程度と類推し、ヒトは社会的営みによりさらに長い老後を獲得した。年齢で線引きすることなく、経験・知識・技術などに秀でた『シニア』こそ、少子高齢化の中で重要な役割を担えると推奨する。人生の後半、人としての幸せを追求したい。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事