月曜日, 7月 15, 2024
ホーム新刊紹介【新刊紹介】『社労士のため...

【新刊紹介】『社労士のための労働事件 思考の展開図』島田直行 著

『社労士のための労働事件 思考の展開図』島田直行 著/日本法令/A5判200頁/2023年9月/2420円(税込)

人材を人財と言い換える企業も増えている。企業の成長に欠かせない『人材』に関するプロとして、社労士の業務は、労働・社会保険の諸問題、年金相談など多岐にわたる。

社労士も対応に苦慮しているのだ。ハラスメント・労災事故・退職・不当解雇・未払残業代など労働事件は後を絶たない。本書では、労働事件を多く担当する弁護士ならではの、事件のとらえ方を『思考の展開図』として披露し、さらに経営者と労働者、上司と部下間のトラブルなど様々な事例をまじえて指南する。

社労士の労働事件への関与を促し、社労士は労働事件の防止策、弁護士は解決策を、士業の垣根を越えた紛争解決を提案する。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事