木曜日, 6月 13, 2024

Re: 生きるのが辛いです(山本晴義)

■Dr.山本×ChatGPT 17万件のメール相談から読みとく働く人のメンタルヘルス①

Q 生きるのが辛いです【20代女性、求職中】

仕事がなかなか見つかりません。仕事をしたことはありますが、長続きしません。自分の存在意義がわかりません。死にたいです。

母は、私の心が弱いからだと責めます。母も私も病気だとは思っていませんので、精神科を受診したことはありません。

自分が存在することで、家族や友人、周囲の人々が不快な思いをすると感じています。

私が生きていても、私がいなくても、世界は何も変わらないと思います。

先生、生きる意味って、いったい何なのですか? 教えてください。

Answer

山本 晴義(やまもと・はるよし) 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
▶1948年東京生まれ。72年東北大学医学部卒、医学博士。東北大学医学部附属病院などを経て、98年から現職。2000年に始めた「勤労者こころのメール相談」は23年間で相談件数17万件に達する。日本医師会認定産業医。日本心療内科学会評議員。

まず、あなたの気持ちは理解できます。仕事が見つからず、自分の存在意義がわからないと感じることは、多くの人にとって困難な状況です。しかし、いくつかのポジティブなステップを考えてみましょう。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

4 × 4 =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事