水曜日, 2月 21, 2024
ホームニュース一覧ニュースコロナ経て健康意識高まる

コロナ経て健康意識高まる

アフターコロナを迎え、健康の意識に変化が起こっているいまだからこそ、健康経営に着手する絶好の機会なのかもしれない。

明治安田生命がこのほど発表した健康に関する調査では、今年5月のコロナ5類移行後に「健康への意識が高まった」と34.9%が回答した。健康を意識した行動(図)を問うと、前年に比べて7.8ポイント低下した「手洗い・消毒」に代わり、「食事・栄養」が同8.9ポイント増の66.4%で最多となった。



上昇幅でみると、「睡眠」と「運動」がともに同15.2ポイント増と最大になっており、健康意識がコロナに感染しないようにとの守りから攻めへと変化。下図は1年前と比べて「体重が増えた」回答割合の推移をみたもので、コロナ禍で上昇傾向にあったのが低下に転じるなど、運動や食事制限などでコロナ太りがピークアウトしている可能性を示している。


■中小企業の健康施策、運動・スポーツイベントの効果大

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

two + eight =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事