月曜日, 7月 15, 2024
ホームニュース一覧ニュース2年連続入職超過、賃金増の...

2年連続入職超過、賃金増の転職多く

厚生労働省がこのほど発表した雇用動向調査によると、2022年の入職率と離職率は順に前年比1.2ポイント増の15.2%、同1.1ポイント増の15.0%とともに上昇した。好景気を示す入職超過となるのは2年連続で、入職超過率は同0.1ポイント増の0.2ポイントへと拡大している。



入職率のうち、転職入職率が同1.0ポイント増の9.7%と3年ぶりに上昇。男女別で男性が同0.7ポイント増の8.7%、女性が同1.2ポイント増の10.8%、就業形態別で一般労働者が同0.8ポイント増の8.1%、パート労働者が同1.4ポイント増の13.9%といずれも上昇しているが、特に女性のパートの転職が活発だった可能性を示した。



転職入職者の賃金をみると、「増加」が同0.3ポイント増の34.9%、「減少」が同1.3ポイント減の33.9%となり、賃金増の転職が多くなっていることがうかがえた。

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事