月曜日, 7月 15, 2024
ホームニュース一覧ニュース日本の男女格差118位に低...

日本の男女格差118位に低迷 G7で最低値、韓国や中国より低く

男女格差を示す日本のジェンダーギャップ指数が0.663となり、146カ国中118位にとどまることが、世界経済フォーラムがこのほど発表した2024年版報告書でわかった。


ジェンダー・ギャップ指数は、経済・教育・健康・政治の4分野それぞれで各データをウエイト付けして、男性に対する女性の割合を算出。0が完全不平等、1が完全平等を指し、1に近いほど順位が高く、男女格差が小さいことを意味する。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

2 × 4 =

   

「労基旬報」メールマガジン

*厳選されたニュースで労働行政の動きをチェック
*人事・労務の実務テーマで記事ピックアップ
*先進企業事例と業界トレンドの今が分かる
*注目の裁判やイベント情報なども随時掲載
(月3回配信、無料)

購読者Web会員登録

「労基旬報」本紙ご購読者の方は、こちらからご登録ください。

人気記事