【働き方改革キーワード】ハイブリッド型勤務(赤津雅彦)

10

ハイブリッド型勤務とは、従来のオフィス勤務とコロナ禍をきっかけに増えたリモート勤務とを使い分ける勤務を指します。これらを状況に応じて使い分けることにより、オフィスの固定費を見直すきっかけになったり、社員のワークライフバランスが改善されたり、さまざまなメリットがあります。

その一方で、リモート勤務を始めるにあたり、IT環境の整備や秘密保持、コミュニケーションの促進等、解決すべき課題が多いことも事実です。

今後は、リモート勤務のみでは不十分な職場が、こうした勤務形態を取り入れてみることが多くなるでしょう。例えば、出社日をあらかじめ決めて、部署ごとに分散出社を行い、それ以外はリモート勤務を行う、あるいは、チームごとに月に1週は出社とし、それ以外の週をリモート勤務とするなど、さまざまなパターンが考えられます。

とくにホワイトカラーの生産性が低いといわれる日本企業にとって、今後必要な勤務形態の候補のひとつといえます。


赤津雅彦(あかつ まさひこ)
賃金システム研究所🄬所長 賃金改革のプロ・プラチナ企業育成のマイスター🄬

主な著書:「新訂2版 賃金システム再構築マニュアル」、
「赤津雅彦の賃金改革キーワード」、
「伸びる組織のための人事・賃金基礎講座」等

(注)「プラチナ企業育成マイスター」は登録商標です。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン