ニプロが昇給継続の65歳定年制を導入

34

医療機器・医薬品事業のニプロ(大阪府大阪市)は10月から、新たに65歳定年制を導入した。9月16日以降に60歳を迎える従業員から、定年年齢を引き上げる。

昇給・昇格を継続し、ポイント制の退職金制度も継続して運営する。また60歳時点で原則として解かれる役職位も適宜継続するほか、完全業績連動型の賞与制度も適用。9月末時点で65歳未満の再雇用者については定年退職時と同等の処遇で再雇用し、65歳定年後も最大70歳まで働くことを可能にする。

ニプロリリースから