派遣労働168.6万人と2年ぶり増加

6

2021年6月1日時点の派遣労働者数が前年比8.0%増の168万6697人と2年ぶりに増加したことが、厚生労働省発表の速報値でわかった。

内訳は無期が同10.8%増の67万6861人、有期が同6.1%増の100万9836人とともに増加。特に製造業務派遣が無期と有期の合計で同15.9%増の36万1123人と2桁増となるなど、新型コロナウイルスの影響が大きかった20年6月から大幅に改善したことを鮮明にした。

一方、20年度派遣事業報告書の集計結果でも、派遣先件数が同7.6%増、年間売上高が同9.6%増、派遣料金が同2.4%増、派遣労働者の賃金が同2.3%増といずれも増加している。


厚生労働省:労働者派遣事業の令和3年6月1日現在の状況(速報)