損保ジャパンが独自のジョブ型制度

24

損害保険ジャパン(東京都新宿区)はこのほど、2022年度から「損保ジャパン版ジョブ型制度」を順次導入すると発表した。

まず4月からジョブ型の従業員区分を新設し、本社特定領域・部門で適用を開始。専門領域に合わせて「ジョブファミリー」を複数構築し、異動ローテーションをジョブファミリー内に限定した運用とするほか、保有する専門性の高さや実務実績、実際に担う職務などに応じて処遇を決定する。

7月には全ての部店長にジョブグレーディングを導入し、全社公開する職務記述書に応じたメリハリのある処遇に変更。また来年度入社から新卒のジョブ型コースの採用を開始し、該当するジョブファミリー内で一定期間ローテーションして実務経験を積む。