ハラスメント後の対処方法 加害者の異動が困難なので

100

ハラスメントの加害者の処分として異動は難しいので、被害者の労働者に他の事業所への異動を打診したところ、加害者こそ異動させるべきと異動を拒否しています。(千葉・次長)


この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

6 + five =